【幼女戦記】第12話『勝利の使い方』ネタバレ感想 (最終話)

© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

ライン戦線の包囲殲滅戦から数日後。敵の主力を撃破した帝国軍は、直ちに共和国の首都パリースイィを制圧。遂に輝かしい勝利を手にした。ターニャも勝利に沸きかえる帝都にて、ようやく手に入れた平和な生活を喜んでいたが、そこに共和国海軍が撤退中との報せが入った。ターニャは共和国のド・ルーゴ将軍が、本土を捨てて反抗勢力の一部を南方大陸に逃そうとしていることを見抜き、独断専行で出撃しようとする。だが寸前のところで、参謀本部より停戦命令が発令されてしまった。大隊の各員が束の間の休暇を楽しんでいるなか、戦争を終わらせる機会を逃したターニャは、これまでにない失意と憤りに崩れ落ち、参謀本部へと向かう。
(公式サイトよりあらすじ)

最終回がやってきてしまいました。これから一体何を生きがいにしてゆけば…(シーズン毎の既視感)。とにもかくにも、幼女戦記ファイナルの感想行きまーす。

前回の壁ポカから、ターニャはゼートゥーアに直訴するため参謀本部へ。しかし参謀はビアホールで祭りさわぎ。トボトボと歩くターニャを引き止めたレルゲンが、月明かりがうっすらな一室(なぜ明かりも付けぬ…)で会話を始めます。

© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

一方ターニャを心配するヴィーシャとのんきな男衆。『誰か塗り薬持ってないか?日焼けしすぎたぁ☆』『確かタイヤネン准尉の持ち物に…』女子か。サマーをエンジョイしすぎた女子大生かっ。そしてタイヤネン…(`;ω;´)ブワッ

浮かれる参謀を批判するターニャ、それに対する不快感を露わにするレルゲン。彼はターニャのことを名声を欲しがる戦争フリークだと思っているように見えます。

相変わらずの政治家ばりスピーチで圧倒されてますが、今回はタバコの灰とともに汗がポタリとこぼれましたよ。レルゲンさんのメンタル強度が気になるこの頃です。

© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

とまあ、前半は主に会話でスローな感じ。武器の整備をする仲良し大隊グループの会話が微笑ましいです。ヴィーシャの絶望(ハロー冷めたご飯)とは対象的なディナー中のゼートゥーアとルーデルドルフ。

逃げ延びた共和国軍が自由共和国として周りの国を巻き込み、その勢力を拡大しているという事実に苛立ちを抑えきれず、ルーデルドルフがホカホカご飯をぶちまけます。

2人はどうやら残党の後始末をするつもりで話していたようですが、実はとんでもないことになってるんじゃないのと気づき始めるゼートゥーア。あれ、これやばいんじゃね?(゚д゚)これもっと国参加するんじゃね?(開眼)

© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

全く同一でないとは言え、大きな歴史の流れは変えられないのか?

一見『幼女』とか『魔導士』とか『神(笑)の力』とかキャッチーな(幼女はある意味攻めすぎだけど)要素でウキウキ観れそうなアニメだけど、観ていく内にコアな部分『ここがこうだったら歴史はどうなる?』の行末が気になっている自分がいます。

そして、まさかまさかのメアリィィィ!!ないと見せかけてここでッ!しかも親子揃って存在Xの毒牙にかかってるゥゥ!!!(゚д゚)軍に志願したメアリーがエグい顔で宣誓します。

うん、結構好きだよそういうの、だんだんキ○ガイじみてきて最後に大爆発、泣き崩れる姿が見れることを期待しています。2期があれば。

© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

とりあえず(?)砂漠地帯に送られた大隊へ、ターニャ最後の演説…突如神をボロクソ罵りだすので部下もキョトンとしますが、最終的にワ~ッて乗ってきます。締めのゲス顔で。ところで彼女の顔芸が某黒い仮面の中の人を彷彿とさせると感じるのは私だけですか?

ああ…本当に終わってしまった。12話と短い間ではありましたが、楽しい時間を、というかさっきも言ったけど生きがいをありがとうございました少佐ァァッ!

以下、海外の反応です。

【幼女戦記】第12話『勝利の使い方』ネタバレ感想

メアリーの宣誓と表情をエンドクレジットの前に、ターニャのを実際の終わりに持ってきたのは粋だったね。

オーマイガ ターニャ・デグレチャフ!
最後の数分は自分のような無神論者の心に突き刺さるものがあったよ。

ああいうエンディングなら2期がいるっしょ。たった今彼女は神に宣戦布告したんだ。いいシリーズだったな。7/10点。

終わり方からして2期は確実だと思うね。それに何て壮大なファイナルシーンなんだ!クレイジーターニャはベストターニャだね。公で存在Xへ宣戦布告をしたけど、このことのよって彼女の力に影響は出るんだろうか。

さて、EDソングが始まった時はこの主人公のラストの大人しさにガッカリしたものだが、クレジットが終わって10/10点。

『うーわー規律バカになってしまったか』って感じだったよ、あの切り替え直前までは。まさにあんな顔でニヤついてしまった。

心配するな友よ。
我々ドイツ人は続編に現われることで知られている。

この回が2期のプロローグな気がしたのは自分だけ?

↑もしくは『ラノベを買いに行くのだ』というメッセージ。

翻訳元:(MyAnimeList)https://myanimelist.net/forum/?topicid=1603185
(Reddit)https://www.reddit.com/r/anime/comments/62ljn5/spoilers_youjo_senki_episode_12_discussion_final/