【幼女戦記】第11話『抵抗者』ネタバレ感想

© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

ボギー、バンデッド、ジョンブル…(ポカン)。バンデッドは武装強盗、ジョンブルは擬人化されたステレオタイプのイギリス人像らしいです。

今回は少佐殿が飛び回る飛び回る!予想取りの活躍回ですね。ワクワクが止まりませんでしたよ!(軍事とか史実詳しい人ヘルプミー)

© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

専門的なことはわからないので、今回は(も?)主に言葉を失ったヤムチャ(ブルブル)、もしくは言語能力が著しく低下したフレンズ(すごーい!)状態です。

© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

グランツを撃墜したアンソン率いる大隊、ジョンブル、つまりイギリス軍が戦争に介入ということですかね。

ターニャに目を奪われてすぎていて、いまいち共和国、連合、帝国の関係図が分かっていませんが、とにかく敵なんですね!

© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

スキー板に乗ったおじさんが少佐を執拗に狙います。それにしても、あの起動音?ブゥゥンという低音が不気味です。

的確な判断で部下に指示を送るターニャ、知識にアドバンテージが有るとは言え、地頭がいいでしょうね…。動きすぎてたまに少佐がCGに見えるのは私だけでしょうか?

© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

『トレンチガン』とかいう黄色い煙を上げる銃でターニャとヴィーシャを狙い撃つ、サポートに回った部下が次々に撃墜され、逆上したヴァイスが的の恰好の的になってしまいます。

そして、そこに風を切り空を切り電光石火の速さで駆けつける少佐、自ら総攻撃を受けます(はッ少佐殿!部下をお守りする姿に涙が出そうでありますッ!)。

しかし、そこは流石の主人公補正神(笑)の加護を受けた存在、ほぼ無傷です。アンソンとの一騎打ちでは接近戦に持ち込みナイフでズブリ。

ところが、アンソンはターニャもろとも自爆をするつもりだったのです。もがくターニャ、幼女の椀力ではおじさんを振りほどくことはできず、万事休すか…。

© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

とそこに、魔術が施された弾丸でアンソンを撃ち抜くヴィーシャ、やはりこやつ…!(ターニャの腕もぶらーん)。片腕を負傷したターニャですが、トドメにマリー(アンソン娘)の銃を連射。

めげずにアンソンが自爆するも、ターニャは無事生還します。生存確認前のヴィーシャの切なそうな、でも軍人的な慣れた感じの表情が何とも言えない。

あと何故か(やはり?)グランツも救出されてます。ここのヴィーシャの笑顔が可愛いですね。

上では終戦に向け、共和国への要求に関しての話が進んでいます。傷も癒えぬ内にビーチで打ち上げを始める小隊男衆…あれ、サービス回ですか?

一方ターニャは「共和国海軍の撤退」「停戦」というヴィーシャの言葉に動揺します。

どうやら共和国は、ブレスト軍港を出て他国へ助けを求めに行くつもりのようです。

何としてでもそれを阻止せんと訴えるターニャ、特別権限まで行使したにも関わらず、出撃前に参謀本部から中止を命じられてしまいます。

戦争の泥沼化を阻止したかったターニャは憤りを抑えられず、壁を殴り絶望。次回でどうやって終結させるのか?2期を期待していいですか?

アニオリとは言えこのワクワク感に、ますます漫画/小説が読みたくなります。

以下、海外の反応です。

【幼女戦記】第11話『抵抗者』海外の反応

前今話でとうとう、ターニャの規律と組織への信頼に亀裂が走るところが本当に面白いね。
最終話では何が起こるのか?彼女はどんな反応をするのか?
キャラの成長に関して、宙ぶらりんになってしまうのだろうか?

後半では、どうして取り乱したの?

↑どうしてそんなに襲撃したかったのか、ということなら、あの状況は先の大戦に関する史実を知る者にとっては明白だから。
あのフランス船隊は連合に亡命して、その戦争介入を合法化させるため。

オーケー、あれは確実に今年一番のアクションシーンだった(対抗馬がいたわけじゃないが)。色付けも増えてたし、かなりかっこよかった。
ブランツ含む(よっしゃごるぁ)ターニャ部隊のほとんどが生存で本当によかった。

かわいそうなターニャ、二度と存在Xに煩わせられないよう、戦争を終わらせたかっただけなのに。
悲しいことに上手く行かなないようだ。
カウンター攻撃の船隊が脱出に成功すれば、おそらく連合王国との同盟で強くなって帰ってくるよね。

あの(ターニャ×アンソン)戦いが、突如ナイフファイトになったのがすごく好き。

あの爆発よ…
さらに無事だったグランツを見た時のヴィーシャの笑顔、安心してフラグが立ったと思える。

今シーズン最高のファンサービス回とは言えないけど、お約束のビーチシーンはやり遂げた。

↑※マンサ―ビス

↑セレヴリャコーフがおこだったのは、彼女もそこにいたかったからなんだぜ。

↑アレに関しては確実に沢山の人がおこだっただろうよ。

この回はぶっちぎりベストだね、ターニャの声優が神がかってた。
ブルーレイが出たら絶対買うよ。

予備知識があるから何が起こるか分かっていて、それでいて何もすることが出来ない。
ターニャの発作的な狂気は正当だよ。

翻訳元:(MyAnimeList)https://myanimelist.net/forum/?topicid=1601579

(Reddit)https://www.reddit.com/r/anime/comments/61adgl/spoilers_youjo_senki_episode_11_discussion/

次回もおぅおぅお!

幼女戦記 単行本1-6巻セット

新品価格
¥6,480から
(2017/4/1 01:18時点)